あぁ・・・

2008年6月10日(火)

 

 院長がどんどんと待合室を変えていきますがく〜(落胆した顔)

自動血圧計まではガマンしたけど・・・

このTV台はないんじゃないですか・・?

 

 

外のスロープに階段が出来上がりました。

なかなかいい出来栄えじゃないですか?

 

古き良きものは残し・・・

2008年5月24日(土)

 

 

 

院長の診察室です。

場所も元の場所で、机・ベッドなどの配置も同じにしました。

やはり何十年もやってきた場所ですので、

「少し向きが変わった」とか「配置が違う」だけでも

ストレスに感じると思うためです。

院長は「壁や床の色が白っぽすぎてやりづらい」と言いますが

副院長に言わせれば前の状態が壁も床もくすんでいたわけで・・・

 

トイレは床に黒っぽいタイルを使用しました。

副院長は、コレが結構お気に入り。

どうですかね???皆さんのご意見をいただけると幸いですわーい(嬉しい顔)

新診療所オープン!

2008年5月19日(月)

 

いよいよこの日を迎えました・・・。

新しい診療所オープンの日です!

 

今回診察室を二つ作りました。

院長(火曜日〜土曜日)は、旧診療所の診察スペースに。(第1診察室)

副院長(月曜日)は、旧診療所の受付に当たる場所で診察します。(第2診察室)

(患者さん用の椅子は開院に間に合わず、仮のものを使用しています・・・・)

 

私もスタッフも、不慣れな環境で診療がやや滞るところもありましたが

なんとか一日の診療を終えることが出来ました。

まだまだ発展途上の建物です。追加工事が必要なところも多々あります。

でもなんとかここまで来られたのも工事に携わってくださった皆様のお陰です。

感謝感謝です。これからもよろしくお願いいたします。

 

引越し第2日!

 

 

2008年5月18日(日)

 

いよいよ新診療所へ引越しです。

朝から引越しの業者さんが来て、次々と荷物を運びます。

 

受付嬢wは受付周辺の整理、

看護師は処置室の整理に追われました。

院長・副院長は自分のデスク周りを担当。

何とか明日は診療できる体勢になったかな?

 

家具を予定通りの位置に配置。

どうですか!?

なかなかいけてるでしょ!(自分で言うのもなんですがw)

 

今回のリフォーム、設計・監理は『+・TASTEN Architects 』の山口さんにお願いいたしました。

何度も何度も設計図を書き直してくださったり、 

無理なワガママを嫌な顔一つせずに聞いてくださったり、

ときには意見の割れる院長・副院長の仲裁に入っていただいたり・・・・

本当にお世話になりました。

そして山口さん、きっとここ数日ほとんど寝ていません!

毎日夜遅くまで現場で作業してくださって、そして翌朝6時には現場に入ってたりします!

ほんとに頭が下がります・・・

明日の診療開始を前に、今夜も22時近くまで作業してくださいました。

そして帰ったら追加で作る棚の設計図を書くそうです。お疲れ様ですダッシュ(走り出すさま)

 

明日からは診療が始まります!

 

新診療所へ引越し 第1日

 

2008年5月17日(土)

 

本日で仮診療所での診療も終了。

午後から仮診療所のお片づけです。

非常に狭いところで患者様にはご迷惑をおかけいたしました。

でも、あれだけのスペースでも

やれば出来るもんだ、と変なところで感心ひらめき

 

工事のほうは今日も追い込みでやってます。

入り口へのスロープの工事は開院に間に合わないそうですたらーっ(汗)

 

トイレなどのタイルはイタリア製のものを使用しております。

が・・・・イタリアから届いたタイルのうち

なんと8割が割れていて使えないことが判明!

一部足りなくなってしまいました・・・・。

不足分が届くまでは白いパネルを貼ることに・・・バッド(下向き矢印)

 

 

すべての部屋で、壁は天井までありません。

ガラス(一部アクリル板)が入っていて、所々鏡になっていますひらめき

ミラーハウスにいる様な気分??

 

受付もカルテ棚が入って、明日の本格的な引越しの準備が整いました!

追い込みです! でもトラブルも続出!

2008年5月16日(金)

 

今日も最後の追い込みで工事が続きます。

掲示板に間接照明が入って、いい感じになってきましたぴかぴか(新しい) 

 

細かいところでの寸法が合わないなど、

トラブルも続出・・・あせあせ(飛び散る汗)

設計士さんも修正に追われていました・・・

 

本来なら待合室に並んでいるはずの家具も

工事が遅れており待ちぼうけの状態・・。

でも明日にはソファーなどが並びます。

 

21時を過ぎても職人さんたちが頑張って工事中です・・・。

白い世界・・・

2008年5月15日(木)

 

壁がほぼ全体塗られました。

家具類が入っていないので、真っ白な世界!

壁が天井までなくて奥のほうが見えているのは、

空間を広く見せるための技らしいです。

設計士の方が工夫してくれましたわーい(嬉しい顔)

 

受付カウンターもご覧のように真っ白に塗られました。

 

急速に進んでいますが、気がつけばあと4日後には

ここでの診療が始まりますexclamation×2  大丈夫かな・・・

 

明日は家具類が入って、雰囲気も大きく変わるようです。

 

 

 

受付のカウンター

2008年5月14日(水)

 

受付の形が出来てきました。

当然オープン型の受付にしました。

旧診療所は壁に穴があいているタイプの

古典的な昭和の診療所風でしたので大きな変化です。

ま、でも今では常識ですよね。

 

 

奥のほうは、壁も白く塗られてきています。

工事もラストスパートです!

想定外・・・

リフォームは、仮診療所の待合室に暖房の要らない時期を、と

この季節を選んだのですが、想定外の寒さでご迷惑をおかけしてます。

 

さて、新クリニック開業まであと一週間となりました。

工事は急ピッチで進みます。間に合うのか!?ダッシュ(走り出すさま)

 

トイレにもタイルが張られましたトイレ

床は黒っぽいタイルの予定です。

 

設計士の方も、毎日現場に来ていただいてあれやこれや相談。

駐車場、二台停めるにはどうしたらいいか・・・を相談中。

 

入り口のスロープは、傾斜がきつすぎるので階段をつけることになりそうです。

 

 

明日は受付のカウンターが取り付けられる予定です。

 

フローリングが張られましたよ

2008年5月10日(土)

 

 

床にフローリングが張られました。

職人さんが「腰が痛い、痛い」と汗かきながらきれいに張ってくれましたぴかぴか(新しい)

新しいのでいいにおいです^^

 

天井も白く塗られました。

急ピッチで作業が続きます。

 

駐車場もリフォーム

2008年5月8日(木)

 

 

駐車スペースもきれいにします。

今日はコンクリートをはがしました。

 

新クリニックでは土足を導入いたします。

それにより、入り口が今までより一段高くなります。

設計士の方が苦労して調整してくれました。

今日はこんな姿ですが、今までとは一味違ったエントランスになるはず!

いずれにしても5月19日の新規オープンにはギリギリの工程が続きます!

たぶん前日まで工事は行われているようです・・あせあせ(飛び散る汗)

(一部はオープン後に工事を行うところもありそうですたらーっ(汗))

 

 

スタッフスペース

2008年5月1日(木)

 

スタッフの休憩室を作ろうかと思います。

いままではそのようなスペースはありませんでした。

ずっと必要だと思っていました。

 

スタッフのモチベーションの高い施設は

よい医療を提供できるものと信じています。

 ハードの面でもスタッフが気持ちよく過ごせる環境を作ることは、

投資以上の成果を得られるものと考えるのです。

 

といっても、ホテルのような素晴らしいものは

出来るわけもありませんが・・

仕事が終わったあとお茶を飲んだり、くつろぐスペース程度は

確保したいと思っています。

階段下の狭いスペースですが、なんとなく気持ちのいい空間になりそう・・?

 

 

 

 

4月26日現在の状況

 

2008年4月26日(土)

 

 

床板が全面に張られました。

夕方、暗くなっても作業は進みます。

カーテンなども決めなくてはなりません。

あと3週間で出来上がるのかな・・?

自動ドアがつきました

2008年4月21日(月)

 

新しい自動ドアが取り付けられました。

この中に風除室も設ける予定です。

 

待合室の床はフローリングですが、

診察室や処置室(血液検査などをするところ)は塩ビのタイルです。

どんな色にするか相談中。

 

そのほか、待合室の窓につけるブラインドなどについて色々と相談しました。

カーテンにするか、ロールスクリーンにするか・・・

など、もめましたがブラインドの方向に。

窓の大きさなどの問題で、設計士さん・工務店の方とも色々と検討中。

天井になにやら怪しい物体が・・・

2008年4月19日(土)

 

さて問題です。

 

 

天井になんだか巨大な丸い物体が。

何だと思いますか??

良く見ると、奥の方にも見えますね。

 

答えは照明ですひらめき

こんな感じの大きな蛍光灯がいくつかと、スポットライトがたくさん。

旧診療所の、特に夜の待合室はかなり暗い印象でした。

白い壁もあり、かなり明るくなる計算です。

 

夜中の診療所・・・

2008年4月16日(水)

 

副院長です。(・・・・・そろそろ、言わなくても分かりますね。院長はブログ更新無理だからダッシュ(走り出すさま)

 

新葛飾病院での仕事があわったあと、宮澤医院の工事の様子を見に来ます。

夜中に来ることが多いので、誰も居ません。暗くてよく見えないことも多いけど・・・たらーっ(汗) 

 

どうやら床板が張られる準備のようです。

土曜日も作業は進む

2008年4月12日(土)

 

工事はどんどん進みます。

 

明日は日本内科学会へ出席、免許の書き換え、家具を見に行く

など忙しい一日になりそうです。

 

 

副院長悩む・・・

2008年4月11日(金)

 

居眠りをしているのではありません。

ソファーの生地を選んでいるんです。

買いたいソファーは決まったのですが、生地の色や種類が膨大。

頂いたサンプルを前に、出来上がる待合室を思い浮かべて

どんな色がいいのか考えています。

考えれば考えるほど分からなくなります・・・

 

荷物の山

2008年4月9日(水)

 

夕方様子を見に行くと、見た目では一昨日とは大きな変化はなし。

でもきっと細かいところで色々な作業が進んでいるのでしょう。

 

 

旧診療所にあった様々な荷物。

とても仮診療所には置ききれないので、二階に置いてます。

いまの二階はこんなありさまです・・・。

 

 

山あり谷あり

2008年4月7日(月) 

 

解体が終わって壁の一部が出来つつあります。

朝見たときに比べ、午後に見に行くとすごい早さで壁が出来ていきます。

 

解体したとき配管などが図面と異なっているとか、

エアコンは再利用の予定でしたが、実際見てみると再利用は無理だったり・・・・

リフォームならではの苦難の連続です。

待合室のソファーはそろそろ注文しないと間に合わないので

色や生地など最終検討中です。

トイレのタイルは白っぽい壁と、黒っぽい床で決まっていきそうです。

 

 

タイル選びは大変だ

2008年4月6日(日)

 

今日は朝から家具屋さん、タイルやさん、トイレやさん??(INAX)など

7ヶ所くらい回ってきました。

まずはカタログで目に付けていたソファーの座り心地の確認と生地選び。

次に椅子屋さんを3ヵ所回り、タイルやさんでトイレや玄関前のタイル選び。

INAXでトイレを見て、最後にもうひとつのソファーのチェック。

家具類もほぼ最終決定に近づいています。

 

さて、写真はタイルやさん。

こういうところに初めて行きましたが、あまりに種類が多くてビックリです。

その場で「どれがいい?」と言われても見当もつかないほどの量です。

写真はごく一部で、このビル全部に数百、いや数千種類のタイルが。

設計士さんとトイレの雰囲気などを話し合い、徐々に候補を絞っていく・・・・

値段もピンキリですね。勉強になります。

すべりにくくて、あまり安っぽくなくて、などの条件から数種類のサンプルを頂きました。

明日、父と相談して決める予定です。

仮診療所、初日!

2008年3月31日(月) 

 

今日から仮診療所での診療が始まりました。

どんなことになるのやら、と心配していましたが順調な滑り出し・・・

と思ったら・・・午前中にブレーカーが落ちましたw

 

旧診療所の解体のため、電気屋さんが来てましたので

手伝ってもらって復旧。

ドタバタしながら午前の診療を終えました。

でも途中で診療室のレイアウトが使いにくくて、

2度も3度もベッドや机の位置を変えました。

 

午後の診療もなんとか無事にいったかな?と思っていたのですが

ブレーカーが落ちたあとから、電話の回線がつながっていないことが発覚!

明日朝一番で、電話やさんに復旧を頼まないと・・・

もし、今日の昼〜午後にかけて、お電話を頂いていた方がいらっしゃったらゴメンナサイ!

 

それに、仮診療所への案内板が不充分だったのか、

隣の歯科にも迷惑をかけてしまいました・・。申し訳ない!

 

 

お昼休みは設計士の方と打ち合わせ。

家具などはいまだに意見の統一が取れずもめています・・・

仮診療所へ引越し!

2008年3月30日(日)

 

この週末で仮診療所への引越しをしました。

土曜日(29日)の午後からスタッフみんなで手分けして梱包。

 

日曜日(30日)は引越し業者さんも来て大移動。

午前中には旧診療所は、ほぼ空っぽに。

 

 

仮診療所も、ドタバタしながらも

なんとか受付と診察室を作りました。

 

明日から早速、副院長の診察が始まります。

アレがない、コレがない、なんてバタバタしながらの診察になりそうですたらーっ(汗)

リフォームの間の約1ヵ月半、ご迷惑をおかけしますがご容赦くださいパンチ

3月24日 旧診療所最後の診療

私副院長は月曜日だけの担当ですので、

本日3月24日をもって、旧診療所での最後の診療となりました。

8年ほど前から、週一回ですので、300回以上は診療してきましたし、

なにより物心ついたころから出入りしていた場所ですから

やはりなんとなく寂しいものがあります。

 

でももっと良い診療所が出来るはずですので、

旧診療所には笑顔でさよならなのです手(パー)

3月22日 仮診療所の工事

3月21-22日で仮診療所の工事を行いました。

といっても、裏の住宅部分の一部に

養生のためのシートを張ったりしただけです。

 3月31日からしばらくはここで診療を行うわけですが

まだ実感がわきません。

 

 

 

 

3月13日 待合室の考え方

待合室の考え方で、院長と意見が一致しません。 

 

機能(何人座れるか、とか)優先の院長。 

思い切って、斬新なデザインにしたい私、副院長。

 

私の主張は「機能的なことはクリアした上で、なおかつおしゃれな待合室」

なのです。

 

インターネットで、クリニックをリフォームした先生の体験談などを見ると

「受付やトイレがきれい、と患者さんに好評です」

「明るく、清潔感のある待合室を設計してもらいました」

なんて書いてあります。

 

でも・・・それって、リフォームするんだからきれいになるの、当たり前でしょ!って思います。

 

受付や待合室ってクリニックの顔だと思うのです。

初めて受診した方が、「次もこのクリニックにかかりたい」と

思っていただけるような、インパクトのある待合室にしたいのです。

 

院長には「次もこのクリニックにかかりたい、と

思ってもらえるような待合室、ではなくそういう医者になりなさい」

と言われます。それはおっしゃる通りですが・・・たらーっ(汗)

 

さて、待合室の結論はどのようになっていくのでしょうか・・・・。乞うご期待パンチ

3月6日 打ち合わせの日々

今回のリフォームに当たって、大学時代の友人の紹介で

設計はT社のYさんにお願いしております。

多くのわがままを聞いていただき、

父(院長)と私(副院長)の意見の食い違いの仲介もしていただいております。

何度も設計図を作り直していただき、申し訳ないくらいです。

 

プランもだんだんと煮詰まってきておりますが、

今日の話し合いでは待合室の家具についても相談しました。

実は、下町の診療所としてはやや大胆な構想も練っております。

それは・・・もう少しヒミツとしておきましょうか・・。

 

ひとつの大きな変化としては、医院内は土足であがることとします。

今まで通りスリッパに履き替えて・・・も検討したのですが

最終的には土足としました。

メリット・デメリットともあるかと思いますが、

ご高齢の患者様が玄関で靴を履き替える手間を軽減したい、

というのが最大の理由です。

 

また、小さいものですが風除室を設けます。

冬場、待合室への冷気の流入が多少なりとも減れば・・との考えです。

 

建築会社数社との見積もりの交渉も本格的になってきました。

いよいよ近づいてきたなという感じですひらめき

 

 

2月20日

当院は今春、リフォームをすることとなりました。

昨年から準備を進めてまいりましたが、

いよいよ目前に迫ってまいりました。

このコーナーでは、皆様へのお知らせなどのほかに

リフォームまでの道のりを紹介させていただきます。

また、工事が始まりましたら少しずつ写真なども乗せていきたいと思っています。

 

工期は、3月下旬〜5月中旬を予定しております。

その間、仮診療所での診療になります。

仮診療所は宮澤医院の裏手になります。