高校野球

2007年8月19日

副院長です。
夏の甲子園、いよいよクライマックスですね。
私がダークホースと予想していた佐賀北高校が
勝ち残っていて楽しみです。

実は自分も高校球児(投手)でした。
甲子園を目指していた、なんていうと笑われそうな
弱小チームでしたが、当時は真剣でした。

2年生の秋の大会で、強豪校相手にリードしていて
終盤スタミナ切れで逆転負けを食らったことがありました。
それ以来、毎日200球の投げ込みをしました。
最後の夏は修徳高校に負けましたが最後まで全力投球できました。

この暑い中、何試合も投げきる投手のスタミナを
心配しながら見てしまいます。

夏の甲子園を見るたびに、炎天下で無我夢中に練習した
あの頃を思い出すのです。
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13200308
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)